フリーランスフォトグラファー

###Site Name###

フリーランスフォトグラファーは、写真が好きな人の憧れの職業です。

自由な立ち位置から好きな写真を撮ることができます。



企業に勤めているフォトグラファーは興味を惹かない対称にもカメラを向けて与えられた仕事をこなさなければなりません。

給料は毎月一定額をもらえますが、好きなように写真を撮る時間がないと嘆く人もいます。
フリーランスフォトグラファーは、安定して収入を得られるようになれば仕事を選ぶことも可能です。

何千万円も稼ぐ人はいて、サラリーマンとして企業に雇われるよりも夢が広がります。

高収入を得ているフリーランスフォトグラファーは、収入のラインを決めていることが多いです。
いつ依頼が来るか分からないと安い仕事にも対応すれば、収入が安くなってしまいます。

相当気に入った仕事でない限り、安い費用では首を縦には振りません。

これはマネージメントでもあります。

フリーランスはただ写真を撮れば良いのではなく、仕事の受注や提出など全てを自分で行います。

依頼主との関係を良好に保つためには、人柄も大切です。



コミニュケーション能力を磨くのも仕事の一つです。



プライドを持って仕事をしていると見なされるため、期待を裏切らないように常に流行には敏感でなければなりません。
撮影後は加工など細かい作業があるので、機材も全部用意します。
それらの費用も踏まえて仕事で黒字を出すためには、実力を付けて安い金額では依頼できないフォトグラファーになることが重要です。