フリーランスは白色申告のほうが良いのか

###Site Name###

個人事業の開業届けを出すと、フリーランスとしての自覚が出てきます。
自覚だけではなく、年間の収入が38万円を超えてくると所得税を納める義務が出てきます。

つまり確定申告が必要になってきます。

確定申告には単式簿記の白色申告、複式簿記の青色申告があります。初めての人は簡単な白色申告のほうが良いと言われることもありますが、フリーランスになりたての人でも青色申告したほう良いケースもあります。



まず白色申告のほうがメリットが大きいのは、収入から経費を引いた後の年間所得が38万円(確定申告の基礎控除額)以内の人です。



簿記の知識が全くないので簡単に帳簿を付けたい人や、借り入れ金額が大きくない人なども白色申告で間に合う可能性が高いです。一方、10万円控除の青色申告のほうが良いのは、収入から経費を引いた後の金額が38万円以上48万円未満の人や、個人事業届けと青色申告承認申請書を税務署に届けてある人です。


こちらも比較的簡単に帳簿がつけられます。

本格的な65万円控除の青色申告を選びたいのは、個人事業の開業届けと青色申告承認申請書を税務署に届けてある人で、収入から経費を引いた後に年間所得が103万円以上になる人です。

赤字がある人や借り入れがある人も青色申告が良いです。
青色申告は複式簿記なので、簿記の知識が身についている人もこちらのほうが特典が多いのでメリットが大きいです。

フリーランスの人は以上のことを考慮に入れて、白色申告か青色申告が良いのかを選択しましょう。