フリーランスで白色申告をする場合

###Site Name###

白色申告のメリットは、青色申告に比べて帳簿が少なくて済むところです。

また、税務署に提出しなければならない申告書類の枚数も少ないです。

帳簿付けも1日分の出入りを経費ごとに合計して書くだけなので、お小遣いや家計簿感覚でつけることができます。
青色申告の場合は一件一件かかなければならないので、白色申告はかなり手間が省けます。



フリーランスで収入が年間38万円以内に収められそうであれば、白色申告のほうがメリットが大きいでしょう。

ほかにも、フリーランスとして働いているけれども、しばらくは家族の扶養内で働きたいという場合も、確定申告することで課税、非課税の証明書を取ることができるのでメリットがあります。ただし、大きな赤字や翌年に繰り越すような借り入れがある場合には、青色申告にしたほうが良いです。年間所得が103万円を超えそうだという場合にも青色申告のほうがメリットがあります。

フリーランスが白色申告する場合の流れは、収入の計算をして、経費の集計をして、合計を出して所得を計算する、という感じで行います。



白色申告はレシートや請求書がわかるようにまとめてあれば、どんな書式でもOKなので、初心者でも帳簿をつけやすいです。
大学ノートなどを用意して重ならないように貼り付けたり、月ごとや経費ごとに封筒やクリアファイルに入れて集計しておくと良いでしょう。
ライター業などでは書籍代が経費になったり、絵描きならば絵の具代が経費として処理することができます。